SSブログ
メディア・出版・アート ブログトップ
前の10件 | -

ポンコツ政権につっかえ棒をする新聞 [メディア・出版・アート]

昨日(6月9日)の国会党首討論、オリンピック開催の基準や理由を聞かれても何も答えず、ピンボケな思い出話で時間を潰した総理大臣だが、NHKニュース、大新聞、そして地方紙も、この重大な事実を隠し、またマージナライズして(毎日2面には「首相正面から答えず」の見出し。これこそ1面に来るべきもののはず)、この政権のつっかえ棒役を果たしました。その証拠を取っておきます。左の「赤旗」の構成との違いで一目瞭然。
mainichi-akahata210610.jpg
nisinippon-top210610touron.jpgなぜこんなにしてまで、コロナパンデミックの災いを長引かせ、さらにオリンピックでこれを拡大しようとする異常な政権を支えようとするのでしょうか?メディア関係者といえども、またその幹部といえども、自分や自分の家族、友人知人の命に直接関わることなのに。

mainichi210609.jpgオリンピック関連では、JOCの経理部長の鉄道での不審死という痛ましい事件がありました(7日)。これもいろいろと想像を働かせたくなる事件ですが、毎日の扱いはわずか本文13行の豆記事。

これに関しては、九州のKBCテレビでは奇妙な「放送事故」もあったようです。(下の画像クリックで動画のツイートへ。ただし、ある時から、動画はタップしないと再生されない設定に変わっています。)
sasikaegiwaku.jpg「ゾウが車に猛突進」と、JOCの経理部長の自殺、どちらがより重要なニュースかは明らかでしょう--もし後者が別のニュース枠で報じられていないとすれば。
nice!(0)  コメント(0) 

「いくら政治に不満があっても、それを表に出さないと不満がないのと同じ」 [メディア・出版・アート]

あまりに至言なツイートに遭遇したので、あえてこちらにも転載します。「文句ばかり言うのは良くない」的な空気が、日本社会には確かにあります。
https://twitter.com/chihirotsukada/status/1390841308156088321
弁護士•米国公認会計士 塚田智宏
@chihirotsukada
いくら感謝の気持ちがあっても「ありがとう」と言わないと伝わらないのと同じで、いくら政治に不満があっても、それを表に出さないと不満がないのと同じ。
chihirotsukada.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

非暴力行動で世論を動かす--アンジー・ゼルターの新しい本 [メディア・出版・アート]

4章以降の紹介を31日にアップロードしました)1401577.gif
イギリスの平和運動家アンジー・ゼルターさんがこの2月に、自身の活動についてまとめた本"Activism for Life"を発行しました。
https://www.yumpu.com/en/document/view/65322280/activism-for-life-by-angie-zelter-sample
activism-for-life-by-angie-zelter-sample.jpg251ページのボリュームある本で、彼女の多様な活動歴がまとめられています。始めの2章を読んだところですが、まず日本で見かけることのない貴重な、しかも面白い本に間違いありません。たとえ少数であってもメディアを引きつけ、仲間を増やし、社会に影響を与える、そのような活動の方法、ノーハウが詰まっています。

女性たちだけで米軍基地への侵入を繰り返し、ついには閉鎖に追い込んだ「グリーナムコモン」運動に始まり、地元での「スノーボール」キャンペーンの話に続きます(2章まで)。

「スノーボール」はソ連に対抗してアメリカがヨーロッパに中距離核(INF)を配備しようとしたのに対する抗議で、全ヨーロッパで同様の運動が盛り上がり、ついにこれを全廃する条約が米ソの間で締結されました。平和運動の成功例と言っていいでしょう。

その部分の一節を、仮訳して引用します。(原書29〜30ページ)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

NHK番組「原発事故“最悪のシナリオ”」で紹介された2人の証言 [メディア・出版・アート]

3/6(土) 深夜に放送されたETV特集、「原発事故“最悪のシナリオ”〜そのとき誰が命を懸けるのか〜」。“最悪シナリオ”は前から知られていましたが、いくつか重要事実も明かされたようです。しかし、90分の最後に紹介される、経験者2人の証言は「いま」の話です。現在、原発の稼働に責任を負う人たち、すなわち電力会社、許可した規制当局、同意した自治体首長は、これをどう聞かれるのでしょうか?「同じことが起きる」と言っているのです。

DSC_5177.jpg伊藤哲朗氏 内閣危機管理監(当時)
「ひとことで言うと、危機の認識というイマジネーションが十分でなかったということですよね。ですから、最悪の事態というものに備えていろんな準備をしておかなくちゃいけないので、それをやはり平時のおいてから、やっていくというのが、全てに危機に対して重要なのですけれども、それを、誰も、と言ったらおかしいですけと、原子力発電所の関係者も含めて、本当に真剣に考えてなかったというとこに一番の教訓があるんじゃないでしょうか。」

DSC_5161.jpg廣中雅之氏 自衛隊統合幕僚監部 運用部長(当時)
「最悪の状況を考えるのが、上から下まで、必ずしもそういったことを想定をして、そしてその準備をしていくという、思考だとか、それに備えるためのプラクティスだとか、そういうものが日本の中に多分ないんですね。ほとんど。今も何一つ変わってないですよね。その、マインドと申しますか、そう言った危機的な状況に対して、国としてどうするのか、ということに対して、何も変わってないですよね。だから、同じことが起きる。同じことが起きる。

再放送は3月10日深夜24時 [11日午前0時] から。現在、NHKプラスでも視聴できます。
https://plus.nhk.jp/watch/st/e1_2021030614525

saiakusinario0.jpg番組に出てくる、というより番組の「主人公」である「最悪シナリオ」、昔ダウンロードしていました。こちらです。

「福島第一原子力発電所の不測事態シナリオの素描」
nice!(0)  コメント(0) 

「領土ナショナリズムの陥穽にはまってはならない」-- 東愛知新聞の内田論説を全面転載 [メディア・出版・アート]

1月31日の記事「『領土ナショナリズムの陥穽にはまってはならない』-- 尖閣問題での志位発言への内田弁護士の批判」で詳しく紹介した東愛知新聞の昨年12月28日の記事について、同紙の許可を得てここに全面転載します。

まず記事イメージ、次にテキストと続きます。画像はクリックで拡大します。
higashiaichi2020.12.28atBW.jpg
higashiaichi2020.12.28bt-BW.jpg
続いてテキスト。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

ホームレスの人たちへの食事の提供に遊休の劇場が使われる--パリ [メディア・出版・アート]

今日、NHK-BSでレピートされたフランス2のニュースで、パリのホームレスの人たちへの食事の提供が遊休の劇場で行われている様子が紹介されました。コロナの外出制限で劇場もほとんど催しが行えず空いているので、支援団体がそこを借りでホームレスの支援活動をしているという話です。その劇場というのは、パパン通り3の2番地のゲテ・リリック(La Gaîté Lyrique, 3bis Rue Papin)。NHKの編集ではトップでしたが、フランス2のサイトで見直してみると、3番目ぐらいですが、やはり番組の前の方でした。日本のニュース番組でこのような活動が取り上げられることがほとんどないので、とても印象に残りました。行政に関しても、日本でこのような取り組みをしている団体が公園の利用を自治体から断られたり、故意に障害物を置いて妨害されたという話を聞きます。

今日のニュースウオッチ9ではベトナムからの技能実習生の苦境を詳しく伝えていました。とても優れた報道だったと思いますが、ホームレスやそれに近い人は、日本人にもいるでしょう。だいぶ前、「年越し派遣村」という取り組みがあり、この年末も同様な支援活動が行われたと思いますが、これらの活動について、報道はされたでしょうか。
1.jpg2.jpg 4.jpg5.jpg gaitelyrique.jpg11.jpg ↑ このストリートビューへ
nice!(0)  コメント(0) 

フランスが植民地支配を「悔い改める」問題 [メディア・出版・アート]

(22日 続く2パラグラフの訳を追加しました。23日 最後の部分まで訳を追加。)
------
低レベルの仏語能力ながら少しでも維持したいと思って、ラジオ・フランス・アンテルナシオナル(RFI)の定時ニュースをネットで時々聞くのですが、昨日、フランスがアルジェリアの植民地支配を「悔い改める」というような言葉が、またその中に日本も引き合いに出されているようなので気になりました。そこでウェブサイトで記事の文章を確認、グーグル翻訳でまず下訳、それを修正してみました。ただし前半部分のみです。
macron-algerie-rfi.jpg
まずタイトル:
Colonisation et guerre d’Algérie: le rapport Stora écarte toute idée de repentance pour la France
Publié le : 20/01/2021 - 13:53

植民地化とアルジェリア戦争:Stora報告はフランスが悔い改めるという考えを否定している
フランスでは、植民地化の記憶とその後の独立戦争の問題が、60年間アルジェリアとの関係に悪影響を与えてきた。 エマニュエル・マクロンが昨年7月に歴史家のベンジャミン・ストーラに報告書を依頼したのは「歴史に正面から向きあう」ためであった。今日の午後にフランス大統領に報告書が提出されることになっている。

その報告書では、その歴史家は悔い改めの考えを否定し、このような政策は「何ら沈静化をもたらさない」と結論付け、その例として日本による韓国と中国への謝罪を挙げる。したがって謝罪することが間題なのではない:「悔い改めは虚飾であり、認識することこそが誠実さである」と彼は側近に繰り返し述べ、しかしまた大統領は彼らに、植民地化とアルジェリア戦争の否定とそれについての沈黙という状態からは抜け出したいとも語った。

それで、ベンジャミン・ストーラは報告書の中で、記憶を調和させるための30の細かな推奨事項を策定している。 その中には、これらの記憶の問題に関する両国間の共同イニシアチブを刺激する責任を負う「記憶と真実の委員会」の設立がある。

(22日:続く2パラグラフを追加。その先はまた後日。)
国会議員でフランス・アルジェリア友好協会の会長ファディラ・カッタビ氏は次のように述べている。「この記憶の仕事をすることは、前進するために本当に不可欠だと思います。 私自身、2018年にフランス国民議会でアルジェリア戦争の展示会を初めて行いました。 もちろんその戦争全体を見直す展示会でした。 ですから、この悲しい歴史のページをめくり、つなぎ合わせるための記憶の仕事の意味で機能するすべてのものを、私は非常に好ましく思いますし、この委員会の中で行われる仕事に大いに喜んでいます。もちろんイニシアチブを歓迎します。」(訳者:下線部は自信がありません。)

ジゼル・ハリミをパンテオンに?

別の提案もある:たとえば、エビアン協定が署名された3月19日を記念日とすること。または、1957年のアルジェの戦いで殺害されたアルジェリア宣言民主連合の活動家である弁護士アリ・ブーメンジェルの暗殺への関与をフランスが認めること。ベンジャミン・ストーラは、 2013年に設置されたアーカイブに関するワーキンググループの仕事の再開を要求している。彼はまた、アルジェリア戦争中にFLN活動家を擁護したことで特に有名な、反植民地主義の弁護士であるパジゼル・ハリミをンテオンに祀ることを提案している。

1401577.gif(23日:最後までを追加)
現時点ではこれらは推奨事項にすぎないが、今朝のエリゼ宮(大統領官邸)関係者は、それらの多くが受け入れられるのは確実と言う。実際、エマニュエル・マクロンは、アルジェリアとのこれらの歴史記録の問題を彼の5年間の任期における重要課題の1つにしている。この小さな爆弾がアルジェリアのテレビに投下されたのは、彼がアルジェリアでのフランスの植民地化を人道に対する罪と呼んだときで、まだ大統領候補の時のことである。

大統領に当選すると、エマニュエル・マクロンは最初の強力な行動に取りかかった。それは共産主義活動家のモーリス・オーダンがフランス兵によってアルジェリアで暗殺されたことを認めることによってである。ベンジャミン・ストラに委託されたこのレポートは次の新しい一歩である。エマニュエルマクロンの目標は、フランスとアルジェリアの人々の和解のために働くことである。アルジェリアでと同様フランスでも、60年後の現在もこの記憶を政治的な目的に利用し続ける人もいることを考えれば、この課題は非常に野心的である。

失望と新たな批判

歴史家のGuy Pervilléによると、これらの勧告事項は、爆弾を抱えた状況によって制約されるいくつかの細かなステップの政策になる。「エマニュエル・マクロンの方針は実際には新しいものではなく、ずっと同じだと思います。一方で、フランスのこれまでの大統領は和解を得ようとしてアルジェリアで演説しているが、同時に、私に言わせれば、彼らはすべて同じ傾向ではない異なるフランスの記憶のグループを背後に持っている。これらの妥協の中には、少なくともフランスでは逆効果のリスクを持つものもあるかもしれません。」たとえば、ジゼル・アリミをパンテオンに祀ることである。歩み寄りを図ることは、記憶と真実委員会に委ねられる仕事になるだろう。
(原文は末尾
第二段落があまり自信がありません。

日本についてのマクロンの解釈は、あまり事情を正確に理解していないのではないかと思います。「沈静化」(calmer)しないのは、日本の「謝罪」が本物でないと受けとられているから、またその方法が中途半端だからではないでしょうか。(22日追記:しかし、以下の「記憶」の問題は共通するのではないでしょうか。まさに歴史認識の問題こそが日本の人々の大きな宿題なのです。)

それはそれとして、ストーラ報告書が「記憶と真実の委員会」を両国で共同で設立することを提案しているのは、日本にとっても大いに参考になるのではないでしょうか。さらには、この時代の歴史について、日韓、日中で共通教科書が作られるようになれば素晴らしいと思います。確かそのような試みがすでにあったような。

ちなみにBBCも同じことを報道していますが、当然、ずっと簡単です。
France rules out apology for Algeria colonial abuses
--------
1401577.gif(1/23)追記後の感想
過去の歴史を巡っては、それに対する見方、向き合い方を持ついろんな勢力がいるのは日本と同じのようです。その中で、マクロンの態度はかなり誠実そうに思えます。フランスの事情はほとんど知りませんが、おそらく左派から見れば不満も多いのかも。
次に原文をコピーします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(1) 

毎日が反PCR検査キャンペーン? [メディア・出版・アート]

mainichi-pcr-201223r.jpg昨日(12月23日)の毎日の記事に驚く。格安PCR検査のことを大きく取り上げているが、見出しに踊るのは「陽性判定、届け出義務なし」とか、「精度にばらつき、懸念も」という、検査に懐疑的、否定的な文言ばかり。タイトルにある「一長一短」の一長に当たるものはまとめ欄に小さな字で書いてあるだけ。
世田谷区の保坂展人区長が提唱し推進している「社会的検査」のことには一言も触れていない(墨田区も)。また、感度も7割程度と書いているが、次の北大病院の9月29日の記者会見によれば約90%とのことだ。 

記事にある「陽性判定が把握されない」などの問題は、行政が積極的に無症状者の検査を無料で、または低額で実施すればすむことだ。いまだに「pcr不要論」「抑制論」を毎日は振りまくつもりなのだろうか?

今日NHK-BSが放映した、ドイツZDFのニュースでは、クリスマスで帰省する人が無料の検査場を訪れているところが紹介された。この違い、日本のメディアの鎖国ぶりには唖然とするしかない。
DSC_4996r.jpg
DSC_4995r.jpgDSC_5002r.jpg
zdf201223.jpg
ナレーション:クリスマスが目の前に迫り、家族に会いに行く前に念のためにスピード検査を受けようとすることを多くの人が考えます。バーテンヴュルテンベルグでは23日と24日、無料で検査が受けられます。
救急医です。
「このスピード検査の確実性は95%以上です。もちろん陽性の人は出てきます。そういう人たちは、祖父母や両親に会いに行かないでしょう。」
ドイツ語のわかる人は直接ZDFのサイトの該当項目でどうぞ。
なお、これは3番目の画像からわかるように、PCR検査ではなく、迅速に結果がわかる抗原検査のようです。

nice!(0)  コメント(0) 

年末休暇を安全に家族とすごすためのPCR検査のタイミング・・フランスのテレビ [メディア・出版・アート]

フランス2、12月6日夜のニュース。年末休暇で帰省する際に、どういう検査を、どのタイミングでやれば、よりうまくコロナウイルス感染から防護できるかをアドバイスしています。

この番組サイト直行 12分経過から。
要点は以下のとおりです。
検査の種類:
PCR検査は信頼性95%、抗原検査( Antigénique)は信頼性62-80%
タイミング:
最初の男性のアドバイスは、家族で会う日に出来るだけ近い時期、つまりクリスマスの48-72時間前。
次のマスクの女性は、次のようなもっと慎重な対応を勧めている。7日前から隔離、そして検査し、それから家族に会いに行く。
日本のテレビもこういう情報を早く流した方がいいですね。安くできる検査所はまだ少ないようですが、唾液を郵送するタイプは少し高いですが、それでも例えば家族4人で「プール方式」でやれば一人あたり4,000円弱ですみます。
kensajiki.jpg
上から順に、「スクリーニング・カレンダー」「2020年12月」(のカレンダー)
21日に検査、24日がクリスマス・ディナー。
*12/11追記:もちろん最も安全なのは帰省しないこと、いわゆる「リモート帰省」です。
nice!(0)  コメント(0) 

学術会議任命拒否問題,ぜひTBS報道特集のネット視聴を--17日まで [メディア・出版・アート]

TBS報道特集、10日の放送、素晴らしい放送内容でした。学術会議の起源、さらには仁科芳雄の原爆研究にまで遡る深い内容。私も知らないこともいくつかありました。ネット公開は17日までのようです。→10月18日(日) 14:00 まで公開延長 みなさん、ぜひ視聴を。
https://tver.jp/corner/f0058768?fbclid=IwAR0hmWiqwwpx3n9QFJUuf4bMtrCj4j8moCdN_wOGkgCZFRDoHKxsAtDJoW0
YouTubeにあります。→ https://youtu.be/ulXvpU6PFTU (11月27日現在)
仁科.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - メディア・出版・アート ブログトップ