SSブログ
メディア・出版・アート ブログトップ
前の10件 | -

政府の無策に「寄り添う」新聞の報道無策 – コロナ対応 [メディア・出版・アート]

(末尾に同日の「しんぶん赤旗」の1面とコロナ関連記事)
-----------
コロナ感染爆発の真っ只中,政府の無策だけでなく,新聞までがその無策に寄り添うかのように,その問題点など必要な報道をしない.今日の毎日は単なる感染者数を知らせるものだけ.以下に全ページのイメージを掲示する.昨日も,コロナについては外国の分析はあるが肝心の国内はほぼ皆無.
mainichi200726topw500.jpgまずトップページ.小さく感染者の総数のみ.
今日は広島の原爆被害についてのスクープを大きく扱い紙面を割かれたということであれば,明日の報道に期待したい.

[7/27追記:月曜の紙面も,また先週金曜も同じでした.つまり4日連続で,政府の対策についての批判はおろか検証する記事が皆無.まるで制御不能な台風など気象現象のような扱い.1401577.gif7/28追記:火曜28日も,軽症者収容のホテルが足りてないことを報じているが,これは自治体関連.国の対策の問題に触れる記事はなし.1401577.gif7/31追記:30日の東京都医師会長記者会見を全く報じない(久留米市で購読)]


続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

赤木さん裁判の報道について...向き合うメディアとマージナライズさせるメディア [メディア・出版・アート]

赤木さん裁判のテレビと新聞の報道について記録をしておきます。

森友学園問題をめぐり、国と佐川宣寿・元財務省理財局長を訴えた赤木雅子さんの口頭弁論が7月15日、大阪地裁でありました。TBSテレビの"NEWS23"では前日に赤木さんのインタビューをトップで放映し、また当日夜も2番目の項目として6分13秒を使って詳しく報道しました(局サイト動画)。(トップはコロナ感染急拡大のニュース)

NHKのNW9も、開始から約30分後の項目ではありましたが、6分41秒を充てました。これに比べて、かつて森友問題を詳しく扱ったことのあるテレ東のWBSは36秒、つまり1時間=3,600秒の放送枠のわずか1パーセントの扱いでした。(日テレとテレ朝はモニターしていません。)

翌日16日の新聞は、購読の毎日は後ろから4ページ目という目立たない所に、中くらいの大きさの記事で扱っていました。(下に写真)

この問題は、これ一つでも内閣が崩壊して当然というほどの重大性を持つものであることを考えれば、この毎日やテレ東の扱いは、まさにmarginalize(瑣末化*)という言葉がぴったりで、異常というほかはありません。

一方、「しんぶん赤旗」は、赤木雅子さんの陳述の全文を含め、3箇所に分散して詳しく扱っていました。
それにしても大手マスコミの上層部というものは、安倍政権というドロ船から脱出する準備すらしていないのでしょうか?
* ”marginalize,瑣末化”については5年前の記事を参照ください。
--------
(裁判の前日、14日のNEWS23の画面から)
1.jpg2.jpg
(16日の毎日)
mainichi200716moritomo-saiban-r.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

お前の頭はどこにある [メディア・出版・アート]

コメント無用。(下のコメント欄のことではありません。)
93412117_1599799146855888_4943337839631794176_n.jpg
https://www.facebook.com/anpoiyaiya/photos/a.490459401123207/1599799143522555/
元ネタ?
https://twitter.com/KTB_genki/status/1251117002585894914?s=19&fbclid=IwAR0pbV6IwdEePVzVWDEDKoU0dghmCHahRk74ptqtmRlZ5Mgl5RCgE_Vu5sM
でんでんむしむし あべそうり
おまえのあたまは どこにある
策出せ 金出せ 辞表出せ
-----------
#安倍はやめろ #安倍でなければ誰でもいい ただし橋下は除く (2020/5/3追記)
#検察庁法改正案を廃案に  (2020/5/19追記)
#安倍は辞めろ #俺たち自粛お前は辞職  (同上)
nice!(0)  コメント(0) 

NHK-Eテレ「100分で名著」でカミュ「ペスト」を再放送 [メディア・出版・アート]

昨日(11日)午後,NHK-Eテレが「100分で名著」のカミュ「ペスト」を4回分まとめて再放送するというので,見た.もちろん現在のコロナウイルス危機を踏まえてのことだろう.実はこの本は読んでいなかったが,危機に対する人々の反応の,今の状況との共通性に考えさせられる.
最終回に登場した内田樹氏によると,ペストは暗喩であって,実際にはカミュの第二次世界大戦での経験(レジスタンスの経験)を書いたものという.
DSC_4531.jpg
今の日本の状況に照らしても,考えさせられることは多い.さて,同じNHKの別の部門の人たち,毎日「大本営発表」を作っているニュース部門の人たちは,この番組を見ただろうか?
DSC_4523.jpg
「われ反抗す.ゆえにわれら在り」の原語は « Je me révolte, donc nous sommes »,だから「反抗」ではなくてむしろ「反逆」の方が適切かと.

「われ反逆す.ゆえにわれら在り」

以下,画面コピーをあと4枚.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

森友改ざん問題での遺族による裁判,相澤冬樹記者が出演 [メディア・出版・アート]

3月18日のAbmaTV,森友事件,改ざん問題で自殺した遺族による手記を公開した相澤冬樹記者が出演.必見の36分です.下の最初の画像クリックで動画へ.
abema.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

新型コロナ肺炎で後遺症も [メディア・出版・アート]

新型コロナウイルス肺炎は症状が出ても8割ぐらいは軽症で回復、とメディアで言っていますが、重症になった場合回復しても後遺症が残るケースがある、との報道です。英紙インディペンデントの「3日前」(現在日本時間で18日午前0時半)の記事です。香港の感染症センターの医師の症例です。日本のメディアでは見かけないので、ここに書き留めておきます。

Coronavirus: Some recovered patients ‘may have reduced lung function’, doctors find
https://www.independent.co.uk/news/health/coronavirus-reduced-lung-function-doctors-hong-kong-a9400371.html

Samuel Osborne 3 days ago (15日?)

冒頭部分を訳しますと;
コロナウイルスから回復した患者は肺機能の低下に苦しむ可能性があり、早足で歩くと息を切らしてしまう人もいます。香港の医師の発言です。
Hong Kong's Hospital Authority(香港病院当局?)は、医師がCovid-19を患い退院した約12人の患者からフォローアップの同意を取った後、調査結果を発表しました。
退院した人のうち、2〜3人は以前にできたことができませんでした。
また、そのセンターの medical director によると、「一部の患者は、[回復後]肺機能が20〜30%低下する可能性がある」とのことです。
---------
2020/7/25追記:今日のTBS報道特集で,日本の10代の若者の深刻な後遺症の例を報じていました.WHOテドロス事務局長が言ったように,「若者も決して無敵ではない」のです.
https://www.tbs.co.jp/tv/20200725_6D88.html
nice!(0)  コメント(0) 

腐った鯛 [メディア・出版・アート]

senryu200314t.jpg今日の毎日・川柳欄は時事ネタが多かったですが,これは遠慮会釈ありません.

頭から腐った鯛が片付かず 佐渡 榎田繁雄


(注釈:2月12日の衆議院予算委員会で立憲民主党の辻元清美議員が「鯛は頭から腐る」と首相を批判した言葉が下敷きになっていると思わます.ことわざとしてはどうやら誤用のようですが,もはや「新語」ないし「新語法」として辞書に載るレベルかも知れません.)
nice!(0)  コメント(0) 

テレ東ニュースが4日の衆院予算委、黒岩議員の質疑をノーカット放映 [メディア・出版・アート]

(テレ東YouTube上のタイトルとリードをそのまま転載)
【ノーカット】安倍総理 野党議員に「嘘つき」
4日の衆議院予算委員会では、立憲民主党の黒岩宇洋議員が「桜を見る会」について安倍総理大臣を追及する中、安倍総理が黒岩議員に対して「嘘つき」「人間としてどうなのか」などとヒートアップする場面が見られました。
安倍総理はその後、この発言を撤回しましたが、一体どんなやりとりだったのかノーカットでご覧ください。


ブロガーのコメント:これは裁判ではなく、公人中の公人への疑惑なので、疑われている人の方が潔白を「証明」する義務がある。出せるはずの証拠も出さないなら、公人の地位に留まってはならない。
nice!(0)  コメント(0) 

「アナと雪の女王2」,骨太なファンタジー [メディア・出版・アート]

1401577.gif字幕版について追記
------------
ヒット中のディズニー映画,「アナと雪の女王2」を見ました.原題はFROZEN II.たたかう少女たちの物語です.前作も見ていて,内容はうろ覚えなのですが,社会性の側面はさほどなかったように思います.今作は社会性に富む寓意がいくつも込められていて,とても骨太な作品です.戦争と平和,ダムと自然破壊,歴史認識と和解,などなど,他にも色々読み取る人もいるでしょう.非社会的な暗喩も.
もちろん映像の素晴らしさは言うまでもありません.特に,水の精としての透明な馬のイメージ(画像の上の部分.映画のパンフレットから)は素晴らしい.(追記あり)
elza2.jpg
19日朝追記:テレビのクイズ番組で,ディスニー映画のエンドロールの最後に制作期間中に産まれたスタッフの子供のリストが出ると聞いていたので,最後まで席を立たないで待っていたら,確かに"production babies" として20名ほどの名前が出ました.
吹き替えの声優に久留米にゆかりの人が2名.イドゥナ王妃役の吉田羊さんは久留米出身,アナ役の神田沙也加さんは久留米出身の松田聖子の長女.

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

5日の毎日と12月8日付の赤旗日曜版から [メディア・出版・アート]

mainichi191205.jpg
右は5日の毎日。共産党の取材の紹介。残念ながら今日の毎日には#桜を見る会 関連記事はゼロ。
続いて赤旗日曜版から。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - メディア・出版・アート ブログトップ