SSブログ
反核・平和 ブログトップ
前の10件 | -

明日の戦争を運ぶダンプ [反核・平和]

(SNS投稿と重複)
「平和を実現するキリスト者ネット」というところからニュースレターへの原稿依頼を受け、昨日(15日)提出したところですが、作文中にあるフレーズが浮かんだので、ちょっとイタズラ。実際にダンプに貼ってみたい!!
類似の言葉(俳句)に、「戦争が廊下の奥に立ってゐた」と言うのがありますね。
asunosenso.jpeg
(素材の写真は佐賀市本庄町袋交差点にて、2023年6月23日、17:53撮影。佐賀空港のオスプレイ基地建設工事開始の10日後)
関連記事:工事開始時の抗議行動の様子(2023年6月16日のブログ)
--------
240517-17h02m55sB-overlapped-t-c.jpg横にも貼ってやりました。県道49号を空港方面へ向かうダンプ。(元の写真はドラレコの後方カメラによる)
nice!(1)  コメント(0) 

2010年の伊藤真講演、今こそ注目を [反核・平和]

 *関連記事:佐賀新聞に掲載された拙稿“「攻められたらどうするのか」への答え”
itoatkurume.jpg伊藤塾・伊藤真氏の久留米での講演については、その直後にブログに書き、録音の一部も紹介しました。またのちにその書き起こしを同じブログ記事に追記しています。その内容で私が特に注目しているのが、「攻められたらどうするのか」という問いに対する”正面からの答え”を用意すべき、という主張です[末尾にコメントあり]。録音から、講演でそのテーマに触れた部分は、すでに同ブログ記事からリンク、書き起こしも掲載しました。
実は、講演後の質疑応答でも、その内容はこのテーマに集中しました。新たにその部分の録音と書き起こしを紹介します。
http://ad9.org/uploads/peace/itoh-Q&A-alt-defence.mp3

なお、このほど伊藤真氏から講演全体の録音を公開してもよいとの許可をいただきましたので、後ほどその時のレジュメを画像とした動画で紹介する予定です。

では、Q&A部分の書き起こしです。途中、聞き取れなかった、または曖昧な箇所は(?)としています。

続きを読む


nice!(1)  コメント(0) 

国民の手による法の執行=9条実施アクションこそ [反核・平和]

9条を「インクの染み」にしないためには、9条を実施せず、これを破る行為ばかり続けてきた政府に変わって、国民自身がこれを執行すること、つまり「私人(=民間人)による法の執行」こそが緊要だ。
次の佐賀オスプレイ基地阻止行動は5月12日14時から(13時50分、佐賀空港第四駐車場集合)。主催:オスプレイストップ! 9条実施アクション 佐賀
PDFはこちら1401577.gif表面左側(公式チラシ)
action240512saga-osprey-A.jpg
action240512saga-osprey-B.jpg
PDFはこちら
nice!(1)  コメント(0) 

佐賀新聞に掲載された拙稿“「攻められたらどうするのか」への答え”を転載します [反核・平和]

4月26日の佐賀新聞の「私の主張」欄に掲載された“「攻められたらどうするのか」への答え”と題する文章を、同紙の許可を得て紙面イメージ(クリックで拡大)と文章で転載します。
もとになった文章は、4月13日の佐賀オスプレイ基地建設阻止行動の際、賛成派の人たちも現場に来るという情報で、その人たちとの対話の目的で作った次の文書です。(残念ながら受け取ってもらえませんでしたが。)
 なぜ私たちはオスプレイ基地建設・空港軍事化に反対するのか

もちろん、「攻められたらどうするのか」という問い自身の持つ政治性、誘導尋問性の問題もありますので(例えば、逆に他国を「攻めたらどうするのか」という心配は全くしないなど)、その点については次の、昨年7月の記事を参照下さい。
 科学者会議福岡支部での話題提供--数学による平和教育、軍拡か軍縮か、代替防衛とは

画像部分の再転載は不可ですが、文章自体の著作権は私にあるので、ご自由にどうぞ。
------------
saga-np-240416.jpg「攻められたらどうするのか」への答え
テレビなどの大手メディアでは中国などの脅威が盛んに言われ、それを「抑止」するためには、軍備増強やアメリカとの軍事協力が必要という論調が主流だ。しかし軍事力で平和が守られるというのは本当か?もちろん、少なくとも一時的にはそのようなケースもあるだろう。しかし今、私たちが目にしている世界では、むしろ軍事費増が戦争につながっている。
 例えば、ウクライナの軍事費は2013年から2015年にかけてGDP比で倍増したが、ロシアの侵略を防ぐことはできず、今も戦火にある。倍増ではなくもっと増やせば防げたのだろうか?それは誰にも分からないが、軍事費増が平和を保障しなかったのは事実だ。
 イスラエルは地域の軍事強国だが、平和や安全とはほど遠い状態にあるのは周知の通り。それどころか、その武器がガザでのジェノサイド(国際司法裁判所の裁定)を引き起こしている。
 さて、佐賀のオスプレイ基地建設ではどうか?駐屯地建設工事が始まる前の昨年3月、地元の四つの自治会長が、建設容認の条件として、地下シェルターの整備などを求めたという。このことはまさに、この基地が戦争を呼び込むものであることを自治会長たちが認識したということではないか。
 「軍事力がなかったら外国から攻められたとき防げない」というのは分かりやすい理屈だ。しかし軍事力があれば確実に防げるというものでもないのは、先に見た通りで、確実な方法などあり得ないのだ。ではどうするのか?
 外交政策や人的・経済的交流で信頼醸成を図り、戦争の芽をつむ努力をすることは当然だが、それでも侵略されたら? 私は、NHK番組「100分de名著」の「独裁体制から民主主義へ」で紹介された、米国政治学者のジーン・シャープが提唱する「市民力による防衛」に答えがあると思う。簡単に言えば、他国が軍事的に占領しても、統治するためには全てにおいて住民の働きに依存せざるを得ない。そこで事前に訓練された市民の団結力でこれに非協力を貫き、統治の「コスト」を途方もなく高くするというものだ。それによって統治の継続を諦めさせる。つまり、非暴力による抵抗と撃退だ。
 もちろんこれとても、確実にうまく行くという保証はない。軍事力による抵抗と同じと言えばそれまでだが、しかし人命の損失は格段に少ないだろう。
(豊島耕一・「オスプレイストップ!9条実施アクション佐賀」代表)
nice!(1)  コメント(0) 

福岡・警固公園で開かれた4・28集会とデモ [反核・平和]

4月28日は、福岡・警固公園で開かれた4・28集会とデモに参加しました。「戦争はいらんばい! 岸田政権NO! 4・28沖縄デー行動」という長い名前の行事です。

20分のメインスピーチを依頼されていたので、配布チラシ(いわゆるレジュメ)とスピーチ原稿の準備で、前の晩は睡眠時間5時間以下。

その、集会での9条実施アクションを代表してのスピーチへの聴衆の皆さんの反応はまずまずでした。違法工事を取り締まるよう、県警への指導を求める県公安委員会への「苦情申し出」をし、アクション前日には、「県警がやらないなら“私人による法の執行”として我々がやるのでよろしく」という趣旨の県警本部長への手紙のことなどを紹介しました。このくだりでは、事実そのものの「面白さ」に数人の人が笑い転げてさえいました。

天神のデモは佐賀や久留米と違って、沿道のたくさんの人が見てくれるので、とてもやりがいがあります。先頭の横断幕を持たされたので、天皇ヘイカ(サヨク禁句!?)になった気分で沿道の人に愛想よく手を振りました。意外にも、結構な頻度で手を振って返してくれる人がいました。
kudou-san-no-douga-kara.jpgkudou-san-no-douga-kara2.jpg
(画像は工藤逸男さんのフェイスブックの動画から借用しました)

以下、集会での私のスピーチの内容を紹介します。制限20分のところ、1〜2分を次の方のために(?)残しましたので、実際には以下からだいぶ省略しています。また少しだけ後で付け加えた言葉もあります。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

佐賀オスプレイ基地阻止行動でのスピーチ、その2、4月13日 [反核・平和]

4月14日に紹介した、佐賀オスプレイ基地阻止行動でのスピーチ、その2です。

井出一徳さんのスピーチ

坂井貴司さんのスピーチ

使用したボディーカメラについて(ドラレコ転用)
nice!(0)  コメント(0) 

4・28沖縄デー行動でスピーチします [反核・平和]

今月末の4月28日に、福岡市・警固公園で開かれる「4・28沖縄デー行動」で、佐賀オスプレイ基地建設問題で「特別アピール」をさせてもらうことになりました。主催者「戦争政権に反対し行動する実行委員会」の固有のサイトがないようなので、ブログ「修の呟き」から転載します。

戦争はいらんばい! 岸田政権NO! 4・28沖縄デー行動 28日(日)   ◇13時(集会)開始 ◇14時15分(天神デモ)出発 警固公園(福岡市中央区天神)
★ 井手 さんから:
 
kegokoen.jpg戦争はいらんばい! 岸田政権NO! 4・28沖縄デー行動
□「敵地先制攻撃」は許さない!安保3文書は撤回せよ!
□辺野古代執行工事やめろ!琉球弧・沖縄にミサイル配備するな!
□佐賀オスプレイ配備反対!佐賀駐屯地建設を止めよう!
□九州・西日本を戦争の出撃基地にするな!
□福岡空港・博多港の軍事利用を許さない!
□「沖縄を再び戦場にさせない」 琉球弧・沖縄の闘いに応えよう!
●期日:2024年4月28日(日)
  ◇13時(集会)開始 ◇14時15分(天神デモ)出発 
●会場:警固公園(福岡市中央区天神)
●集会:①特別アピール 豊島耕一さん
     (オスプレイ ストップ! 9条実施アクション佐賀)
②実行委員会からの提案 ③参加者のアピールなど
●呼びかけ:「戦争政権に反対し行動する実行委員会」
 (森部:090-5721-0460、岡本(090-6635-4981)井手(080-1760-4767)
(※小雨決行です)。

 皆さん! 4・28沖縄デー行動を共に闘いましょう。
日本政府は辺野古では代執行工事を強行し、安保3文書は閣議決定で決め「戦後の安保政策の大転換」と謳い、アジア・中国へ侵略のミサイルを構えようとしています。
 琉球弧・沖縄を最前線にして九州・西日本に出撃・訓練・中継基地=後方司令部まで置こうとしています。「沖縄戦の再来を許さない」とたたかう沖縄の人々に連帯して共に行動しましょう。全国の私達の行動の日です。
(第4740日目☆原発とめよう!九電本店前ひろば★より)

主催者のチラシです。
kegokoen240428A.jpgkegokoen240428B.jpg
nice!(0)  コメント(0) 

久留米での憲法集会、2024年5月3日 [反核・平和]

間もなくに迫った久留米の憲法集会ですが、検索にかからないので、第三者ですがフライヤーを掲示します。

日本国憲法がめざしたものは
・・・~軍事国家への道は許さない〜


2024年5月3日(金・祝) 14:00~(13:30開場)
会場 シティプラザ5階大会議室
資料代 500円(大学生以下無料)
講師:仲山忠克弁護士
(ゆい法律事務所)
主催:5-3憲法を考える集い 実行委員会
TEL: 090-7460-6208
img20240421_13363995r.jpgimg20240421_13301582r.jpg
会場のシティープラザの掲示板にはありました。
nice!(0)  コメント(0) 

オスプレイが筑後平野を蹂躙・明日19日、時刻不明 [反核・平和]

以下の情報あり:
可能なあらゆる方法で抗議行動を! →末尾に情報。明日午前10時
---------------
久留米市防災課からの情報です
九州防衛局から以下の連絡があったそうです
・オスプレイの飛行再開に向け、目達原基地に置いていたオスプレイを木更津へ戻します
・木更津に戻す前に、こちらでテスト飛行します
・テスト飛行は4/19(金)日中※時間不明
・ルートは目達原→筑後川上空→うきは市の往復
---------------
オスプレイ飛行.jpg追記:19日10時から11時まで、目逹原駐屯地前34号線で抗議のスタンディング行動。
チラシ「なぜ私たちはオスプレイ基地建設・空港軍事化に反対するのか」を改訂しました。
nice!(0)  コメント(0) 

中野晃一氏の講演「経済安保『セキュリティ・クリアランス』が狙うもの」を見て [反核・平和]

「秘密法と共謀罪に反対する愛知の会」主催の、中野晃一氏の講演「経済安保『セキュリティ・クリアランス』が狙うもの」を2日遅れで視聴しました。(5/9まで録画を視聴出来るようです。末尾に情報)
knakano.jpg講演は、岸田文雄とはどんな人物か、その政治の性格・実態は何か、それがいかに危険な道に、安倍政治以上の危険に日本を引き摺り込んでいるか、よく分かる内容だったと思います。一つ不満が残るのは、ではどうすれば止められるのか、という点への言及がほとんどなかったように思います。触れられたとしても野党共闘の重要性(つまり選挙戦術)ぐらいではなかったでしょうか。それは市民運動側の問題ということかも知れませんが、何かヒントは欲しかったと思います。

どうすべきなのか、そのうちの特に重要と思われる一つについて、私の意見を述べたいと思います。

中野氏が指摘したようにジャーナリズムがまともに機能しないので、国民に必要な情報が供給されず、つまり有権者としてまともな判断をする条件が奪われている中で、選挙ばかりを重視しても結果は得られないと思います。メディアに匹敵するほどの宣伝力は市民側には持てない。ほとんど唯一の解は、 #市民的抵抗 、つまり #非暴力直接行動 を幅広く展開し、メディアが無視できないようにすること、それによって社会の真のアジェンダを可視化することだと思います。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | - 反核・平和 ブログトップ