SSブログ
反核・平和 ブログトップ
前の10件 | -

アメリカでのプラウシェアズ活動への支援署名 [反核・平和]

10日ほど前の記事アメリカでのプラウシェアズ活動(直接行動による軍備・核廃絶)のニュースの続報、緊急支援署名の呼びかけです。

署名サイト
https://actionnetwork.org/petitions/sign-global-petition-to-dismiss-charges-against-anti-nuclear-plowshares-activists-facing-25-years

以下、急ぎ粗訳です。

これは、キングスベイ・プラウシェアズ・セブン(KBP7)に対するすべての容疑を却下させるためのグローバルな請願書への署名運動で、デズモンド・ツツ大司教や他のノーベル賞受賞者など、著名な世界中の支持者と行動を共にしようという緊急の呼びかけです。彼らKBP7は、地球上のすべての生命を脅かす違法で不道徳な核兵器を摘発したことを理由に25年の懲役刑に直面しています。7人は、マーティン・ルーサー・キング牧師の暗殺50周年に当たる2018年4月4日にジョージア州キングスベイのトライデント原子力潜水艦基地を非暴力的かつ象徴的に武装解除しました(KBP7の声明はこちらをご覧ください)。

この請願書は、1980年代に世界の核兵器を90,000から15,000に削減するのに貢献した核兵器廃絶運動の再構築に私たち全員が関わることでもあります。私たちはそれら核兵器をすべて廃絶しなければなりません。KBP7裁判は、この秋にジョージアで開始される予定です。時間は限られています。請願書に署名して、kingsbayplowshares7.orgにアクセスしてください。KBP7を支援して、彼らの嘆願書を友人やメールリストに転送し、ソーシャルメディアに投稿してください。

キングスベイ・プラウシェアズ・セブンは、予言的な証人になってくれました。今や私たちの番です!
平和と連帯の気持ちを込めて
キングスベイ・プラウシェアズ・セブン支援委員会

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

アメリカでのプラウシェアズ活動(直接行動による軍備・核廃絶)のニュース [反核・平和]

勇敢なアメリカ市民の行動のニュースが入ってきました。デモクラシー・ナウの報道です。(1401577.gif末尾にプラウシェアズ運動について追記)
Kings Bay Plowshares 7: Trial Begins for Liz McAlister & Others for Breaking Into Nuke Sub Base

リードの部分を、グーグル翻訳の助けを借りて訳しました。

キングスベイ・プラウシェアズ7:リズ・マカリスター他による核兵器基地への侵入事件の裁判開始
2018年4月4日にキングスベイ海軍潜水艦基地に侵入した事件で、7人のカトリックの平和活動家がジョージアで裁判にかけられています。「キングスベイ・プラウシェアズ7」の名で知られる活動家たちは、有罪判決を受けた場合、25年の懲役刑になります。活動家たちは、武器としてはハンマーだけ、そして犯罪現場用のテープ、自分の血が入った哺乳瓶、そして米国政府に対して「平和に対する罪」を問う告発状を持って基地に侵入しました。プラウシェアズ運動の活動家たちは、1980年のペンシルベニア州キング・オブ・プルシアのゼネラル・エレクトリックの核ミサイル工場に始まり、過去40年にわたり、いくつもの核兵器施設で100件あまりの同様の行動を行いました。私たちは最近、カトリックの修道女Liz McAlisterと話をしました。本日、彼女と同様に被告人となったのはStephen Kelly神父、Mark Colville、Patrick O'Neill、Carmen Trotta、Clare Grady、そしてカトリック労働者運動の創始者Dorothy Day(ドロシー・デイ)の孫娘であるMartha Hennessyです。彼ら全員は3つの重罪と1つの軽犯罪で告発されました。
--------
次はこれを引用したエクスティンクション・レベリオン・ピースのツイッター。
KingsBayPlowshares7.jpg
1401577.gifプラウシェアズ運動について

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

南西諸島の「軍事要塞化」と護憲運動 [反核・平和]

koenkainews90s.jpg「福岡県大学・研究者後援会ニュース」(共産党の後援会)最新号に掲載された拙文を転載します。長いので2回に分割、その1回目です。2回目は次号が発行されてから転載します(一部字句修正)。1401577.gif12月2日付で発行されたので、追記します。(ただし、紙媒体では注が間違っています。)
同じものが後援会のウェブサイトのニュースのページにもあります。ただこのページは長すぎるので、古い記事を探すのは大変です。

2年ほど前にも、似た内容の記事が掲載され、ブログに転載しました。
核兵器禁止条約という前進の一方で左翼・リベラルまで国家主義に取り込まれる恐れ

--------
南西諸島の「軍事要塞化」と護憲運動
       (第1回)
はじめに
 安倍首相の改憲への、すなわち「条文改憲」への執念は強く、先日の参院選で改憲勢力が議席を減らしたとは言え、 決して油断はできない。他方、「立法改憲」、すなわち憲法と矛盾する法律を作って実質改憲の効果を持たせることは、 古くは1950年から54年に至る自衛隊創設、そして最近では2015年の「戦争法」によって、むしろ着々と進められている。 「xx改憲」という用語法はこのほかに「解釈改憲」や「外交改憲」があるようだが、これらも同様に積み重ねられている (自衛隊を当面容認するかのような、護憲派による解釈改憲も深刻な問題だと思う)。仮に9条の条文が守られ続けたと しても、自衛隊が実際に戦争行為を行ってしまえば、2010年の久留米の憲法集会での講演者、斎藤文男・元九大教授が 使った言葉によれば[i]、その条文はただの「インクの染み」ということになる。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

原水協と原水禁 [反核・平和]

IMG_1169w1200.jpg末尾に社会新報の報道
「日本の科学者」2020年4月号に掲載
タイトル部分newlogo全文公開(20/7/1)
---------------------------
この夏、8月の広島原爆の日の直前、広島の原水禁大会に参加しました。7月に福岡で開いた「原水爆禁止2019年世界大会・科学者集会」の実行委員として「原水禁」の大会で報告するというミッションのためです。と言っても、報告が「予約」されている「原水協」の大会と違って(こちらは別の実行委員が分担)、勝手に出席して機会があれば発言するというもので、「報告」できるとも限らない、という仕事です。それでも、幸いなことに広島大会2日目の第3分科会「朝鮮半島の非核化と日本」で簡単な報告レジュメの配布を認めてもらい、短いながら発言もできました。(写真は第3分科会で講演する米・ピース・アクションのスージー・アリソン・リットンさん)

このプロセスで、「原水協」と「原水禁」の関係性の問題について色々と考えることがあり、また以前からの問題意識でもあったので、少し文献調べをしてみました。それを先日の「福岡核問題研究会」というサークルで8月24日に話をしました。そのレジュメを紹介します。

目次(クリックで各項目にジャンプ)
原水協,略史
「原水協」の発足自民党系・民社党系が脱退60年代の「あらゆる国の核実験」問題1984年〜1985年の再度の分裂
60年代の分裂に関する双方の主張
1.原水協および共産党2.社会党、総評、原水禁
85年の2度目の分裂
1.原水協、共産党2.原水禁、社会党
筆者の評価
---------
追記(リンク):2度目の分裂、元朝日新聞記者・岩垂弘氏の観察
最後に、1401577.gifおまけ画像と、社会新報の原水禁大会の報道
---------
原水禁運動の歴史を調べる — 政党との関係性を中心に —
 プリント年表
             豊島耕一,2019/8/24(8/25改訂版) 福岡核問題研究会

今年の夏も原水協と原水禁による世界大会や平和行進が実施された.1977年から1985年まで9年間統一大会が開かれたが,再び別開催になり現在に至っている.

ひと昔前と違って,原水協と原水禁,そしてそれらとそれぞれ関係の深い共産党と社民党との間では,核兵器禁止をめぐって,あるいはその方法論をめぐって,現在は深刻な対立はないと思われる。にも関わらず両者は,互いに重なる場所、重なる日程で別々に「世界大会」を開いており,両者の間の交流も皆無に近い.このような状況は関係者以外には理解しにくいだろう.(今年,赤旗には短いながら「禁」の世界大会の報道があった.)

両者の交流や協力はどうすれば可能なのか,そろそろ両者による歴史の再検証がなされてもいいのではないか?

また,両者とも大会への個人一般の参加は予定しておらず(可能ではあるが,ウェブサイトには全く案内がない),団体を通じての組織参加が原則である.このような形態は運動の発展にとってよいことなのか?

続きを読む


コメント(0) 

Kurume air raid two days after the Nagasaki atomic bomb [反核・平和]

(English version of the last posting)
DSC_4003rtw540.jpgThis photo is neither Hiroshima nor Nagasaki. It is the aftermath of the city center of Kurume burned by the air raid on August 11th, 1945.

In the United States, there are still discourses that the atomic bomb has ended the war. However, two days after the Nagasaki atomic bomb, which should have ended (repeatedly?) the war, the town of Kurume was burned with incendiary. Similarly, Kajiki air raid on this day.
Let's pick up other Japanese mainland air raids after August 10 from the wikipedia.
August 10 Hanamaki air raid, Kumamoto air raid / 12 Akune air raid / 13 Nagano air raid / 14 Iwakuni large air raid / 14 Hikari-shi, Yamaguchi Konami naval arsenal raid / 14-15 Kumagaya air raid, Isesaki air raid, Odawara raid, Tsuchizaki air raid

Is it a lie that "the A-bomb ended the war"? Or the purpose of these raids were to clear the bomb inventory after the A-bomb ended the war?

The truth is probably that the end of the war was extended until the atomic bomb was completed.

From the book “The day when Kurume burned” by Masahiro Koga, who saw the air raids as an evacuee.
DSC_4009w540.jpg

続きを読む


コメント(0) 

長崎原爆2日後の久留米空襲 [反核・平和]

DSC_4003rtw540.jpgこの写真は広島でも長崎でもない。1945年8月11日の久留米空襲で焼かれた市中心部の様子だ(「進駐軍が写したフクオカ戦後写真集」18–19ページ、西図協出版、1983年)。1401577.gif末尾に帰還を待つ朝鮮の少女たちの写真を追加。

アメリカでは「原爆が戦争を終わらせた」という言説がいまだに横行している。しかし、終わらせた(念入りに2回も)はずの長崎原爆の2日後、久留米の町が焼夷弾で焼かれた。同じくこの日には加治木空襲も。
他の、8月10日以後の日本本土空襲をwikiから拾ってみる。
10日 花巻空襲、熊本空襲/12日 阿久根空襲/13日 長野空襲/14日 岩国大空襲/14日 山口県光市 光海軍工廠空襲/14-15日 熊谷空襲,伊勢崎空襲,小田原空襲,土崎空襲

「原爆が戦争を終わらせた」というのは嘘なのか? それとも、「終わらせた」後に爆弾の在庫一掃をやった、ということか?

原爆が完成するまで終戦が引き伸ばされた、というのが本当のところだろう。

空襲を疎開先で見た、古賀正浩氏の本「久留米が燃えた日」から。
DSC_4009w540.jpg

続きを読む


コメント(0) 

核兵器禁止のためのシンポジウムへのカンパ(クラウドファンディング)のお願い [反核・平和]

1401577.gif8/11追記:金額目標達成し終了しました。シンポジウムも100名余りの参加で成功しました。ありがとうございました。1401577.gif広島の原水禁世界大会、第3分科会で発言、プリントを配布しました。(原水協の大会では別の実行委メンバーが報告しました。)
--------------------------
cf.jpg核兵器禁止のためのシンポジウムへのカンパ(クラウドファンディング)のお願いです。講師旅費などの開催費用の一部に充てます。
https://readyfor.jp/projects/kagakusha2019.html
(サイト上で決済できます。)
集会のサイト http://2019-scientists-forum.net
「日本科学者会議」のメンバーが中心となって毎年開かれ、私も実行委員を務めています。
集会名、サブタイトル、テーマ、日時、場所は以下のとおりです。皆様のご支援をお願いします。集会の成果を、8月に開かれる原水禁大会(原水協、原水禁の両方)で報告する予定です。

原水爆禁止2019年世界大会・科学者集会
〜市民運動の役割と科学者の責任〜
九州・沖縄から東アジアの平和をどう構築するか
と き:2019年7月28日(日)10:00~17:30
ところ:春日クローバープラザ(福岡県春日市原町3丁目1-7)

以下、上記ファンディングのページから、実行委員会代表のメッセージを転載します:

続きを読む


コメント(0) 

タンカー攻撃,アメリカの「証拠映像」がフェイクであることを田岡氏が論証 [反核・平和]

taoka-kin-yobi190628w350.jpgホルムズ海峡の出口で6月13日に日本のタンカーが攻撃を受けた事件で、アメリカはこれがイランの仕業であるとする「証拠映像」を出し、テレビでもなんども放映された。これがあり得ないこと、捏造以外ではないことを、「週刊金曜日」6/28号で田岡俊次氏が完璧に論証している。3項目あげているが、決定的なのは最後の3項目目だ。その部分を丸ごと引用する。
3 米軍はイランの巡視艇らしい小型船が日本のタンカーに横付けしている「証拠写真」を出し「不発だった吸着水雷をイランの革命防衛隊が回収し、証拠隠滅をはかっている光景だ」と言う。だがもし不発ならこの事件は起きなかったはずだ。かりにタンカーがサウジアラビアの港に停泊中、いくつもの吸着水雷を取り付け、長期の時限信管を使って出港後ホルムズ海峡を出る頃に爆発するようにしたとしても、一部に不発があったことは事件発生後に初めて分かる。被害を受けたタンカーに衆目が集まる中、イランの巡視艇が不発の水雷を回収に行けば関与を自白する形となり「証拠隠滅」どころではない。米国の主張は矛盾に満ちている。
わざわざガセネタを公然と流したと言うことは、アメリカが犯人であるか、犯人側とつながりがあることを匂わせる。
nice!(0)  コメント(0) 

イージス・アショアの本当の目的を新聞が [反核・平和]

aegisashore190618akahata-orbit.jpgイージス・アショアの本当の目的がアメリカ「防衛」にあることを新聞が報じた(右の図.今日のしんぶん赤旗1面から).「防衛」とカッコをつけたのは,「心置きなく攻撃できるように」という意味だからである.

先日のタンカー攻撃をイランの仕業と決めつけてみたり,それより先の一方的な「イラン核合意」からの離脱と,何が何でも戦争をしたいというアメリカの本性が万人に明らかになりつつある.日本への同システム配備が北朝鮮に対するアメリカの戦争準備の一環という疑いも多くの人で共有されるだろう.

PAC-3の時でもそうだが,それ自体が攻撃兵器ではないため,「防衛のため」というレトリックに多くの人が騙される(例えばこの動画へのコメント諸氏の多く).もし「こちら側」に攻撃的兵器が皆無ならばそう考えたとしても無理はないが,核兵器を筆頭とした米軍の,そして自衛隊の攻撃的兵器と一体のものなのである.迎撃ミサイルだけを切り取って「防衛のため」と受け取る人の思考能力を疑う.

なぜ山口と秋田かという問題は,半年以上前にこのブログでも指摘していた.ようやく,政党機関紙とはいえ,多くの人の共有情報となることは前進だ.
aegisashore190618akahata.jpg
1401577.gif19日追記:住民を「電子レンジ」にかける効果を防衛相が証言.驚き.複雑な,神経系やホルモン系を介した生理現象という意味でもなさそう.
nice!(0)  コメント(1) 

九大ファントム墜落51年集会でのスピーチ [反核・平和]

61479272_2226747044068257_4399175739610497024_n.jpg昨日(6月2日)の九大ファントム墜落51年集会での私のレジュメとスピーチ内容(原稿+アドリブ)です。薄い文字は時間の関係で省略した部分です。

やや左翼系敬老会の様相も示していましたが、150名の参加で盛会でした。今日の毎日が写真入りで報道していました。わずか一人とは言え学生の参加があったことが希望です。それもチラシを見て来たとのこと。
「数学による平和教育」のプリントを手に取った女性の参加者が、「こんなの、珍しいですね」と言ってくれました。(写真は榊山惇さんのフェスブックから拝借)同じくこちらの記事には全体の様子が詳細に書かれています。1401577.gifブログにも(こちらが読みやすい)

1401577.gifなお、メインの浦島さんの講演の後のQ&Aで、「県警を管理する県公安委員会、そして公安委を所轄する知事は何をしているのか」と質問しましたが、その根拠はこちらです。
県警は誰が支配するのか?県警をめぐる支配・被支配と人事権の関係図
それでは、まず
レジュメ
そして
スピーチ原稿です。繰り返しになりますが、薄い文字は時間の関係で省略した部分です。
(冒頭謝辞)
辺野古、高江にはつごう3回行きました。「ゴボウ抜かれ」の経験もあります(例:機動隊員との対話)。人数が多かった時は(ダンプを)止められました。もっとたくさんの人が行くべきだと思います。
さて、北方領土に関して、「戦争で島を取り戻す」という恐るべき発言が国会議員の口から出たことが大きな話題になっています。議員辞職に値するでしょう。しかし、同じことが政府の省庁から、つまり防衛省から出ているのに反応が少ないのは驚くべきことです。例えば、2017年に、佐賀空港オスプレイ配備問題での地権者説明会で防衛省が配布した資料には、占領された島を自衛隊が「奪還」する作戦図絵が公然と記載されています。占領されたのが何十年も前ならダメで、数日、数ヶ月前ならオーケーということでしょうか?しかも自衛隊の場合、「言葉」だけでなく、その練習=演習までやっているのです。

続きを読む


コメント(0) 
前の10件 | - 反核・平和 ブログトップ