So-net無料ブログ作成

「一揆」を素材にした小説 [メディア・出版・アート]

「一揆」を素材にしたドラマが不在だと従来から言い続けていましたが、ごく最近創作・発表されていました。帚木蓬生の『天に星、地に花』は、このブログでも最近頻繁に触れている、久留米藩の宝暦一揆をテーマにしたものです。発表が2014年、文庫化が2017年、気づくのが少し遅れました。作家は同郷の筑後地方、しかも高校の(かろうじて)先輩ということで、たいへん誇らしい思いです。
数日前に本を買ったばかりで、読むのはこれから。文学賞を取った時のインタビュー記事に「歴史小説の執筆動機は『庶民書かない作家への腹立たしさ』」とあります。これはまさに私の長年の「恨み」でもありました。
DSC_3857c.jpg
ten-ni-hoshi-t.jpg
前の記事の中に紛れ込ませて紹介した高齢者学級のプリントは、この小説の発表の2年前ということになります。何か繋がりがあるかも知れません。
------------
1401577.gif関連情報:「帚木蓬生 久留米藩三部作の世界」小郡市大板井の野田宇太郎文学資料館で6月11日まで(西日本新聞、5月31日)
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント