So-net無料ブログ作成

国会包囲の際の逮捕者に対する「赤旗」の無視 [社会]

もう2週間も前の話になるが,7月29日の国会包囲の際,2名が警察に逮捕された.幸い31日には釈放されたが,これへの対応をめぐって主催者の反原連が逮捕された人たちに対して冷淡ではなかったかと批判された.しかし「冷淡」という点では,このイベントへの,そして毎週金曜の官邸前集会への参加を毎回「しんぶん赤旗」で奨励している共産党も,残念なことに冷淡以下の扱いであった.というのは,今日に至るまで,逮捕者が出たことすら全く紙面で報道していないのである.

不思議に思って,8月1日前後だったと思うが,共産党に直接電話してみた.そうすると,国会に侵入しようとしていたので逮捕されたのではないかとか,「ニセ左翼」の人たちらしいから扱わないのだという.国会侵入という話は聞かないし,人を所属団体で(しかも想像だけで)差別扱いするのは全く道理に合わない.およそ公に説明・釈明できないような「理屈」で情報コントロールするのは報道の役割を放棄している —もし赤旗が単なる党のプロパガンダ機関だけでないとすれば— というような反論をした.「少し調べてみる」というような返事を受け取って話は終わった.

共産党に限らないが,70年前後に「内ゲバ」などに関係した経歴のある団体については,運動圏の中に強い拒否反応があり,それは理由のないことではない.特定の個人に対しては「あの人はxx系だ」とか,団体に対しては「yy会の実態はzz派」だというような「耳打ち」が行われることもある.非公式の情報交換は自由だが,それが運動圏における個人・団体の選別に関係してくると重大な問題が起きる.私自身,あるグループの人たちとのつながりのことで「排除」の圧力を受けたことがある.これまでの人生で「差別を受ける」という経験は全くなかったのだが,このとき初めて差別されることとはどういうことかが分かった気がする.「運動圏における差別」である.運動圏といえどもそこにいる人にとっては「実生活」である.

個人であれ団体であれ,(程度問題ではあるが)過去の来歴を問題にすればキリがないし,運動参加者の間での情報や認識の共有は不可能である.さもなければ「事情通」の耳打ちが支配すると言うおかしな状況になってしまう.要するに,誰でも検証可能な「現在の,実際の言動と行動」だけを基準にするべきなのだ.応援のクリック歓迎

29日の逮捕の件にもどれば,この2人が当日現場で実際に何をしたのかだけが問題で,それが不明な間は,しかも警察に拘束されて本人から話も聞けない状況では,何重にも「推定無罪」の原則を肝に銘じるべきである.弾圧と闘って来た歴史を持つ共産党であればなおさらのことだ.

類似記事:
「麻生邸見学ツアー逮捕事件についてのしんぶん赤旗の沈黙」
「ニーメラーの詩」の書き出しは「共産主義者」でなくてもいい(2)
------------
(2018年追記)次の本に書いた文章の中でも同様のことを述べました:木村朗編「九州原発ゼロへ、48の視点—玄海・川内原発の廃炉をめざして—」(2013年),p.158〜170.
こちらに転載しています.
nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(3) 

nice! 0

コメント 8

バッジ@ネオ・トロツキスト

>個人であれ団体であれ,(程度問題ではあるが)過去の来歴を問題にすればキリがないし,運動参加者の間での情報や認識の共有は不可能である.さもなければ「事情通」の耳打ちが支配すると言うおかしな状況になってしまう.要するに,誰でも検証可能な「現在の,実際の言動と行動」だけを基準にするべきなのだ.

残念ながら、上記部分については賛成出来ませんね。
「現在の,実際の言動と行動」だけを基準にするのでは、隠された悪しき意図や誤りの未総括による「再犯」の可能性が否定出来ないからです。
だから、「基準」には、その個人や組織の真面目な総括の有無をも含まなければならないと思います。

その点では、いわゆる「トロ」や「ニセ左翼」の中の一部に、真摯な過去の総括、少なくとも共産党の「50年問題総括」程度の総括が行われていることを無視して(または知らずに)十把一絡げの扱いを続けている共産党員や党機関が存在することは独善や無知の誹りを免れないでしょう。自分や自党の総括の中途半端(50年問題総括はまだ不十分です)だけは棚に上げておいて、他党や他人のことばかりリゴリスティックに批判する独善体質は我々左翼の宿痾ともいえる欠点でしょうかw

「現在の実際の言動と行動」および「真面目な過去の総括」を基準にするべきなのです。アジアが日本に向ける眼差しもそうですしね。
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2012-08-13 09:17) 

yamamoto

長期的な共同行動ないし組織か,それとも集会・デモなど「イベント」での共同かで判断基準は違ってくるでしょう.上で対象にしたのは後者で,数週間後に計画する集会・デモへの参加基準に過去の来歴は入らないだろうということです.当日,集会やデモの趣旨や行動基準を守るかどうかだけを材料にすべきだということです.
by yamamoto (2012-08-13 10:11) 

バッジ@ネオ・トロツキスト

一応了解。

まあ、「過去の総括」が必要だといっても、共産党の50年問題総括だって当方から見ればかなり中途半端なものにしか見えないのですから、逆揺れでしかないリゴリズムも自戒すべきでしょうからね。
その上、組織との共同の可否や選挙候補者の適否のような判断をする場合はまだしも、個人レベルの参加を判断するケースでは「総括」の有無、「総括」の可否は把握も立証も困難でしょうから。

しかし、それにしても、共産党の機関や専従の体質は一向に変わりませんね。当方も中央委員会や都道府県委員会に電話などで質問や要望を何回かした経験がありますが、「耳打ち」どころか「腹芸」みたいなものまで使われて失望や激憤したことがありますよ。共産党の幹部や機関メンバーには総括忌避や自己批判拒絶の独善体質が蔓延しています。浅井基文さんクラスの理性からさえ指摘され続けているんだから、もういい加減どうにかならないですかね?
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2012-08-13 11:34) 

yamamoto

「クラウチ教授の処方箋」という記事を書きましたが,
http://pegasus1.blog.so-net.ne.jp/2008-05-18
その要約項目の(3),“党員や党の「熱烈な支持者が頑なに(党首脳に)忠実であろうとすればするほど,党首脳はそれを当たり前と考え」,一般市民の考えや利益を配慮することが少なくなる.したがって「政党が好ましい行動をしたら返礼し,そうでなければ罰を与える.」”という考えを,この党に対してもっと一般化する必要があります.「民主集中制」という呪文にまつわる心理束縛を解かなければいけません.
by yamamoto (2012-08-13 11:59) 

バッジ@ネオ・トロツキスト

なぜ上記で「一応」としか書かなかったかというと、現在の運動では「左」だけでなく「右」の問題もあるからです。
そう、かつて運動の分裂は、左派系党派のセクト主義などが原因でもたらされましたが、今日では違ったかたちの危険も芽生え始めているのです。左派党派が政治的・組織的・文化的影響力を減退させている今日の日本では、自らの怯懦を隠した一部無党派による無原則無思想な幅広主義が運動を分裂させる可能性も産まれています。
「右でも左でもない」ことを標榜し、日の丸の掲揚を許容するような反(脱)原発運動は、ついには核武装論者にまでラブコールを送るところまで落ちようとしています。「幅広い脱原発運動」は、原発による放射能被害は拒絶しても、核兵器による被曝は容認する運動なのだそうです。
こんな態度をとる「運動の知性」は、9条の会にも早くから名を連ね『赤旗』にも度々登場していますから深刻です。軽視出来ません。

何か良い方策はありますまいか?

by バッジ@ネオ・トロツキスト (2012-08-13 15:48) 

kuroneko

 こんにちは。
 このエントリーに言及しましたので、伺いました。(アメブロにはトラックバックがないもので)
 「事情通」の耳打ち という表現が面白かったもので引用しました。
by kuroneko (2012-08-17 13:25) 

通りすがり

身近にいた共産党員の末端の方達はきまじめ過ぎるほどまじめな方が多いのですが、国会議員のこれまでの動きをみると、アメリカに都合の良いように対処していると見えます。このブログを拝見して、やはり、と感じました。
by 通りすがり (2012-08-17 13:37) 

バッジ@ネオ・トロツキスト

追加報告です。

ご指摘の反原連のデモ参加者不当逮捕に対する「冷淡」や核武装論者共闘論の背景(原因?)には、運動の中心人物の歴史修正主義迎合体質や運動私物視があることが一昨日来のここ↓での議論で段々と見えてきました。

http://6305.teacup.com/mappen/bbs?


日の丸右翼容認問題で左翼の「一面的で単純な歴史観や国家観」を主張するまでに至ったこの活動屋は、「本職」の音楽評論家としても無知や衒学的誤魔化し癖、強弁体質を露呈しています。日本・アジア地域の近現代史だけでなく20世紀音楽史も歪曲捏造して憚らないのです。

反原発運動を日の丸民族運動にしてしまうことはジョン・レノンやジミヘンドリックス、忌野清志郎たちが生きていたら賛成しないよ、との指摘に対して、それは「思い込み」か「権威主義」だと開き直っているのです。ポピュラー音楽評論家がwwww
音楽史まで修正されるとは本当に恐れ入りました。ジョンやジミ、清志郎も、草葉の陰でさぞ憤慨していることでしょうwww

脱原発運動はとんでもない連中に牛耳られてしまっているようですね!
by バッジ@ネオ・トロツキスト (2012-08-19 12:19) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 3