So-net無料ブログ作成

「巨大中国と戦う“民主の女神” 香港オタク少女の青春日記」 [メディア・出版・アート]

BSジャパンですぐれたドキュメンタリーがありましたので,画面コピー28枚で紹介します.
応援のクリック歓迎
未来世紀ジパング特別編 巨大中国と戦う“民主の女神”~香港オタク少女の青春日記~:2017年10月22日(日)夕方5時30分|BSジャパン番組中の,元日経新聞北京特派員,後藤康浩氏のコメント
天安門事件で自由化を求めて若い世代が行動したと。香港の若い世代というのも同じような意識で、自分たちの政治的自由を守ると言うことで、行動したんだと。ですから、10代が行動するというのは、今の日本から見るととても驚きではあるんですけれども、世界の歴史を見れば、日本にもアメリカにもヨーロッパにも10代が中心となって政治的なパワーを発揮するということはあった。
DSC_1584.JPGDSC_1581.JPG DSC_1598.JPG
DSC_1602.JPG DSC_1603.JPG
DSC_1609.JPG DSC_1617.JPG
DSC_1624.JPG DSC_1631.JPG
DSC_1632.JPG DSC_1635.JPG
DSC_1637.JPG DSC_1639.JPG
DSC_1642.JPG DSC_1657.JPG
DSC_1660.JPG DSC_1671.JPG
DSC_1674.JPG DSC_1675.JPG
DSC_1688.JPG DSC_1724.JPG
DSC_1728.JPG DSC_1734.JPG
DSC_1748.JPG DSC_1749.JPG
DSC_1750.JPG DSC_1751.JPG
DSC_1757.JPG
nice!(0)  コメント(2) 

nice! 0

コメント 2

hopkins

米英政府による外国政権転覆・干渉戦争はイラン、グアテマラ、ユーゴスラビア、イラク、リビア、ウクライナなど80か国におよび、いずれも大量殺人を伴っているのはご承知のとおりです。

香港の暴動状態についてジミー・レイ(黎智英)、ジョシュア・ウォン(黃之鋒)などの親米反政府活動家たちが米国の政府、超党派議員と情報交換し米国から資金の供与もあることを調査記事がありました。

ジョン・ピルジャーのツイート

https://twitter.com/johnpilger/status/1164501093214314496

で紹介されている

ダン・コーエンの記事がこれです。英文記事ですが中国語のポスターやバンナーも写真にあります。

https://thegrayzone.com/2019/08/17/hong-kong-protest-washington-nativism-violence/

「民主化を求める香港市民」といういつものスピンをひっくり返す良い調査記事でした。
by hopkins (2019-08-30 22:48) 

yamamoto

記事の紹介ありがとうございます。アメリカのことですからあらゆるチャンネルで介入していることでしょう。でも中国政府の抑圧はフェイクでもないし、正当化できるものでもありません。そして、一連の動きが「民主化を求める香港市民」との位置付けは間違ってはいないと思います。
by yamamoto (2019-08-31 17:06) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント