SSブログ

デジャ・ヴュ:76年前の「もう一度戦果を挙げてから」 [社会]

[facebook同報](8/10追記 末尾に医師で文筆家の木村知氏と母上のツイート転載)
五輪が終わったが、小池も菅も24日からのパラリンピックを中止してコロナ対策に全力、などということは恐らく考えないのだろう。76年前の史実がデジャ・ヴュのようによみがえる。

アジア・太平洋戦争末期の1945年2月、日本の敗色濃厚を受けて、近衛が「・・・従って国体護持の立場よりすれば、一日も速に戦争終結の方途を講ずべきものなりと確信す」と天皇に上奏したのに対し、天皇は「もう一度戦果を挙げてからでないと中々話は難しいと思ふ」と答えたという。

このあと国民は、東京大空襲、広島・長崎の原爆投下、ソ連参戦、満州での大量棄民という大惨事に見舞われる。

「もう一度」パラリンピックという「戦果を挙げてから」、と考えているのか?すでに首都圏は医療崩壊なのに、それが一層加速、焼け野が原になるだろう。

一昨日紹介した岩田健太郎医師の発言を再掲する。「息ができない」たくさんの人を想像する。
https://dot.asahi.com/aera/2021080600051.html?page=1
もちろんこれが明日、自分や自分の家族に起こらないという保証はない。
-----------
想像してください。地震で崩れたがれきの下に、治療が必要な人が1万人いる状況を。家屋などの崩壊は一見してわかりますし、うめき声や助けを求める声も聞こえるかもしれません。非常事態が可視化されれば、市民が一丸となってがれきの下にいる人を早く救出しようとするに違いありません。
 しかし、新型コロナウイルス感染症は違います。自宅で、呼吸が十分にできずに苦しんでいる人が大勢いるという非常事態を、可視化するのが困難なのです。家屋は崩壊せず、電気も水道も止まっていません。
 死亡者は8月5日現在、1万5233人です。東日本大震災の犠牲者約1万5900人に迫りつつあります。しかしその死亡者も、遺族や親しい人、医療従事者以外には見えません。
-----------
昨年3月に「爆発的拡大=指数関数の怖さ」という記事をブログに書いた。
https://pegasus1.blog.ss-blog.jp/2020-03-26
テレビ画面を見ればわかるように、今はこの時の10倍の感染者だ。検査が飽和しているようなので、さらにその数倍だろう。
biking-t.jpggraph+.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

野党は「入院制限」を撤回させるだけでなく、具体的な対策案をなぜ提起しないのか? [社会]

末尾に追記あり 1 現場の声 2 岩田健太郎医師の発言
1401577.gif福井県は体育館に100床の軽症者受け入れ施設を作っている。なぜ野党はこれを言わないのか?保坂展人区長のツイート:
https://twitter.com/hosakanobuto/status/1424317229244452865
---------------
首都圏を中心に医療崩壊が現実となった。SNS上には「人道危機」とも言えるようなツイートがいくつも見られる。読むに耐えない。(末尾参照)

管政権は、小池知事に続いて、入院制限という棄民政策を公然と打ち出した。野党は当然撤回を求めている。しかし、この言葉を撤回させたからといって必要な人が適切な医療、ケア、隔離・保護を受けられるようになるわけではない。この問題での野党3党の最新の発信を公式ウェブサイトで見てみる。該当ページから該当部分を切り取ってみる。

立憲民主党 8月5日
https://cdp-japan.jp/news/20210805_1891
医療提供体制がひっ迫する中、「喫緊の課題として広域入院調整をしっかりやっていくこと。近隣県でまだ余裕のある県での受け入れをお願いしていくこと」を提起しました。
cdp.jpg

共産党 8月7日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik21/2021-08-07/2021080702_05_0.html
日本共産党の田村智子政策委員長は6日、国会内で記者会見し、新型コロナウイルス患者の入院制限方針をめぐる政府の混乱ぶりについて、「“医療崩壊”が始まっている。入院が必要な人が入院できないという現実を重く受け止めて、病床・療養施設の確保、医師・看護師の確保のために専門家、医療関係者の協力を求めて、対策を立てなければいけない」と強調しました。
jcp.jpg

社民党 8月5日
https://sdp.or.jp/statement/20210805-covid-19-hospital/
医療崩壊の防止は待ったなしの課題である。これ以上、医療現場の混乱と国民の不信を招かないよう政府に入院制限方針の撤回と、一刻も早い実効性のある対応を求める。
sdp.jpg
どの党も、自宅で苦しんでいる、おそらく万を超える人々の苦境にすぐに対応する具体策を提案していない。往診体制など「焼け石に水」を言ってもしようがない。昨年ニューヨーク市がやったように、見本市会場にベッドを並べるなど、やるべきことは誰が考えてもすぐ思いつく。何より、五輪選手村の18,000のベッドを開放して、隔離・保護施設、臨時の病院に変えることが急務だ。なぜこのような具体案が野党幹部から出てこないのか、不思議だ。
-----------
共産党には、上のような趣旨・内容のファクスを4日に送っているが、直接のレスはないし、「赤旗」にもその種の具体策の提案はまだ見られない。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

五輪中止し選手村を18,000床の臨時病院に [社会]

kanteihoui.jpg8/12追記:11日、遅すぎるとはいえ、立民が政府に、選手村を感染者宿泊施設にするよう申し入れた*。
-------------
小池知事に続いて、菅首相も「コロナ患者放置」と言い出した。どうやらこれらは示し合わせた行動だったのではないか。ふざけた話で、デモで官邸を包囲して内閣総辞職を迫るレベルだ。(右は感染対策配慮の官邸包囲デモのシミュレーション)

五輪即時中止し、 #選手村を臨時病院に 。収容力は18,000人分もある。中国・武漢は急遽建設したが、使えるものがすでにある。

五輪に振り向けられていた医療従事者7,000人を引き上げ、それに匹敵する医療フォースをこの臨時病院に、首都圏のコロナ患者対策に充てよ。

これに反対する人いますか? もしいたら、そのような人こそ反○、非○○と言いたい。
--------
関連記事:「『ガラパゴス』状態の日本のデモが暴政継続を許す」
* (冒頭追記の注)他方、共産党は、五輪中止を言いながらそれとセットでなぜこの提案をしてこなかったのか不思議。
nice!(0)  コメント(0) 

小池知事、「自宅を病床のような形で」 [社会]

東京新聞が伝える小池知事の言葉:「特に1人暮らしの方々などは、自宅も、ある種、病床のような形でやっていただくことが、病床の確保にもつながるし・・・」
https://www.tokyo-np.co.jp/article/119947
koike-dk.jpg

「自宅を病床のような形で」とは、どういう意味なのか。病床としてカウントすると言うこと?
自宅のベッドでナースコールボタンを押せば、数分で看護師さんがやって来ると言うこと? それとも、「コロナはただの風邪」と言いたいのか?

要するに、ほったらかすと言うことか。確かに、イリョウホウキ すれば イリョウホウカイ はない。

自分は「過労」でも入院したのに、「都民ファースト」のはずの都民はコロナでも病院にたどり着けない。

医療崩壊を謝罪するでもなく、公然と居直るとは、恐れ入る。記者は一人も問い詰めなかったのか?*
なぜ都の有権者は、こんな人でなしを知事にしたのか?
------
* 質問1つで逃げたらしい。このこと自体も「会見拒否」とニュースに、問題にすべきことだ。望月記者のツイート:
https://twitter.com/ISOKO_MOCHIZUKI/status/1420541023697051650
nice!(0)  コメント(0) 

総アクセス700万超え [インターネット・ブログ]

いま総アクセス数を見たら700万を超えていました。ご訪問、閲覧ありがとうございます。
access210727.jpg
2004年12月25日開設、17年弱経過。 最初の記事(12月26日付)は次です。
ニューズウィーク日本版12月29日号のフローラン・ダバディー氏のコラムに共感
nice!(0)  コメント(0)