So-net無料ブログ作成

北九州に運ばれるはずのガレキは存在しない(ダブルカウントされている) [社会]

昨日,北九州市役所で,市民検討会の調査団の調査結果の発表があり,私も同席した.詳しくは「ひなん者お話しの会」にあるが,要約すると以下のとおり.

北九州市に運ばれる予定のがれきは,宮城県石巻市の可燃性のがれきを年間3万9,500トンで,期間は最長2014年3月までである.(2年間として計算すると総量7万9千トン.

今年5月21日の環境省によるがれきの総量の見直しによって,石巻市のがれきは445.8万トンに修正された(当初は616.3万トン).

ところが,昨年9月16日の宮城県環境生活部の発表によれば,石巻市のがれきは昨年のこの時点で鹿島JVに581万トンの処理を依頼していた(東松山市,女川町と合わせて685.4万トンを1923億6000万円で落札).今日までこの契約は変更されていない.

つまり, 445.8万トン581万トンー135.2万トン と,すでにガレキ量は「不足」しており,北九州に持ってくるべきがれきは存在しない.
1401577.gif当日の録音です.45分14秒.
http://ad9.org/blog/audiovisual/V_820276t.mp3

(以下は記者会見の発表内容にはない,私のコメント)
そうすると,それでもガレキ搬入が実施されるとすれば,次のいずれかということになろう.

石巻ではない出所不明のガレキが北九州に持ってこられるか
鹿島JVは仕事をしないでお金を受け取るのか
北九州は鹿島JVの「下請け」をするのか

市民検討会にも応援を
nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

バッジ@ネオ・トロツキスト

「ダイオキシンなどは大丈夫なの?」(天皇)

我が国特有の廃棄物処理法(無)思想に囚われた独り善がりは地獄への道を敷き詰めるだけ!

by バッジ@ネオ・トロツキスト (2012-06-22 08:02) 

yamamoto

ダイオキシンなど有害物質のデータを市が6月12日に発表しています.
http://www.city.kitakyushu.lg.jp/files/000115370.pdf
それによると,焼却灰で0.0031から0.013とわずかながら増えています.単位は「ng-TEQ/g」だそうです.
他に,水銀や鉛もわずかながら増えています.
by yamamoto (2012-06-22 12:26) 

あさ

北九州の者です。
連絡を取りたいので、ツイッターアカウント@asat8 をフォローしていただけますか。
宜しくお願いします。
by あさ (2012-06-23 22:10) 

yamamoto

メールをどうぞ.
toyosima@ta2.so-net.ne.jp
by yamamoto (2012-06-23 22:30) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0