SSブログ

原発マフィアの既得権維持のために動員されるメディア [社会]

1401577.gif末尾に追記あり(2019/11/6)
-----------
社会の行方を左右する最も機微な情報というものは,その時の権力層によって最も厳重に秘匿される*.したがって想像力こそが重要なツールであって,ほとんど状況証拠だけから真実を読み取らなければならない.このようなことを,「カンを働かせる」というのだろう.
カンのクリックを

放射能,放射線の量について,テレビが「ただちに健康に影響が出るレベルではない」を繰り返し,ことの重大性を低く受け取らせるような伝え方をしていることについて,風評被害やパニックを避けるためには,ある程度やむを得ないかも知れないと,数パーセントほど「理解」してきた.もちろんメディア関係者の中には善意からそうしている人も多いだろう.しかし今やこれは,原発マフィアの既得権維持のためのプロパガンダととらえるべきだろう.

現在進行中の原発カタストロフィーにもかかわらず,原発に係わる集団はなんとかその既得権益を必死で守ろうとするだろう.そのために放射線の「確率的影響」を無視させることで,「たいしたことはない」というイメージを大衆に植え付けようとする.未来の,「統計的に必ず生じる」発病,そして奪われる命への想像力を奪い,「見殺し」にすることで,自分たちの権益を守ろうとするのだ.統計的事象であるため,因果関係が決して証明されない「完全犯罪」である.名付けるとすれば,統計傷害罪,統計致死罪.

SANY0080t350w.jpg先週水曜(3/16),地元のテレビTNCにスタジオ生出演した.わずか10分ほどの枠のために,前日深夜まで,そして当日はリハーサル直前まで,合計3時間ほどもスタッフとの「打ち合わせ」が必要だった.会議は相当ナーバスな雰囲気で,何を,どこまで伝えるべきかでスタッフたちは真剣に悩んでいた.会議室の壁からは,陰に陽に,スポンサーとキー局の「意志」が感じられる.

結局私は,「この程度の線量なら健康被害は“ない”」というのを打破するのを最低防御ラインとせざるを得なかった.しかしスタッフは方々とても好意的で,リハーサルで私がかなり控えめだったのを,「もっと言え」と勧めてくれたほどだ.打ち合わせで,「タバコ1日1本なら健康には全く影響ない,とはだれも言わないでしょう?」という例で説明したのをリハーサルで言いそこなったが,これを是非言ってくれと念を押された.

考えてみれば,スポンサーの金ですべてがまかなわれている民放で,スポンサーの「意志」が反映するのは当たり前とも言える.視聴者は費用を全く負担していないのだから.街角のフリーペーパーに重要な情報を求める人はいないだろう.それと同じことで,自分が金を出してもいないメディアに期待する方が無理,ということかも知れない.
-------------------------
* 秘匿は,単に情報を隠すというだけでなく,どうでもいい情報に埋もれさせる,つまり「S/N比」を極端に低下させるという方法でも行われる.
--------
1401577.gif追記(2019/11/6)
出演前日夜の打ち合わせで局スタッフに見せた、15日に放射能プルームが関東を襲った証拠画像は、ずっと後のブログ記事で紹介しました。こちらです。
https://pegasus1.blog.ss-blog.jp/2019-03-04#yokosuka315
このデータサイトは現在でも線量をネット上に常時公開しています。
https://kanmoni.npw-monisys.jp/area/yokosuka
nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(5) 

nice! 0

コメント 5

kakken事務局

いつも貴重な情報をありがとうございます。
TNCのスタジオにご出演されたのですね。
これからも私たちが原発マフィアの既得権維持プロパガンダに負けないよう貴重な発信をお願いいたします。

by kakken事務局 (2011-03-23 07:08) 

yamamoto

つい「想定外」という言葉を使ってしまいました.実際,まともな学者はこのような未来を「想定」していました.地震と防災の専門家・石橋克彦教授をテレビに登場させるべきです.原発マフィアに属する学者はもういりません.
http://bit.ly/ffmKqQ
by yamamoto (2011-03-23 17:39) 

latter_autumn

「マフィア」「既得権」ときましたか。そして「想像力」「カンを働かせる」と。
実証抜きで語るという姿勢に行き着くのであれば、もはや科学的アプローチではありませんよ。

>「ただちに健康に影響が出るレベル
>ではない」を繰り返し
>ことの重大性を低く受け取らせるよう
>な伝え方

事故が重大であることは「INESレベル5、あるいはそれ以上かもしれない」という報道があるじゃないですか。

ただ、放射線影響は重大なものは現状出てきていないので。念のための措置として必要なところでは避難や屋内退避もやってますが、必要でないところで一体何をしろと?

ICRP 103等の知見や観測値に基づいて、放射線防護の専門家が判断しているのです。「ことの重大性を低く受け取らせる」も何も、科学的事実ですよ。

それを超越した「想像力」「カンを働かせる」に、どんな建設的意味がありますか?
「マフィア」「既得権」と戦うため?
そんな正当化は、その空想を共有する者同士でしか通用しないでしょう。
国民にとっていいことは何もないし、被災者や風評被害者には悪いことでしかないでしょう。

>未来の,「統計的に必ず生じる」発病,
>そして奪われる命への想像力
>統計的事象であるため,因果関係が
>決して証明されない「完全犯罪」

統計的にガン死亡リスクの増加が確認できるレベルは100mSv/年以上です。
100mSv/年でもまだリスク増加はほんの僅かでしかないけれど、実際今回の事故で一般公衆で100mSv浴びた人はいない。100mSv/年未満では確率的影響(晩発性障害)はありません。

なにゆえ事実と実証からかけ離れたところで語るのですか。理工学部教授ともあろう人が。
「法学部や文系は引っ込んでろ」みたいなことを言える立場ですかね。

>タバコ

100mSv/年の被ばくよりも喫煙の方が、発ガンのリスクは圧倒的に高いですよ。
しかもタバコは中毒性があるし。受動喫煙の危険性もあるし。
タバコが危険だから「この程度の線量でもやっぱり危険だ」みたいな主張は無茶苦茶。
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/smoking.html

by latter_autumn (2011-03-23 19:01) 

latter_autumn

「現状は健康に影響を与える放射線量ではない。風評に惑わされてはいけない」
山下俊一・長崎大教授(被曝医療)

山下教授も「原発マフィアに属する学者」ですか?
by latter_autumn (2011-03-23 20:13) 

yamamoto

>統計的にガン死亡リスクの増加が確認できるレベルは100mSv/年以上です。

「増加が確認出来る」ではなく,「100mSv/年以下ではリスクの増加が“全く”ない」というデータがあれば安心なのですが,どうでしょうか.ICRP1990は「保守的」態度として,集団線量と効果について線形性を仮定しています.
by yamamoto (2011-03-23 21:02) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 5